2006年03月06日

SEOのやりすぎとアフィリエイトの飽和性

まあ色々SEOを調べていくと辿り着くわけです。
アフィリエイトでオイシイ思いをしたいがために、SEOをやりすぎる例。
最初は苦労し、上位に来るとうれしくもなり、ますますSEOにのめり込むわけですが
過剰なSEOはアフィリエイトの評判を落とします。
異常なまでに執着したリンク操作はライバルからも疎まれかねません。相互リンクも断られるでしょう。
meta name="description" content="ネットで書籍・CD・DVD・ゲーム・パソコン・家電の定番【アマゾン】 Amazon。商品数最大手の【Amazon】でお手軽にお買い物ができます。あまぞん アマゾン あまぞn Amazonn"

というような、間違ったHTMLの書き方をするようなウェブマスターは、残念ながら悪と言われても致し方ないでしょう。ディスクリプション、要約なのに要約になっていないわけですし。
W3Cを絶対視しろとは言いませんが、もうちょっと訪問者のためになるようなコンテンツを書いていきましょうね。
ま、本人にすれば「こっちのが儲かるし、別にいいじゃん。俺は俺だし」と反論するのでしょう。

SEOとアフィリエイトは、非常に飽和性の低いシロモノだと思います。
posted by アフィリエイト塾 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトコラム・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14315334

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。