2006年07月22日

Amazon.comが日本を追放(確定)。アソシエイトは移住先を見つけるべき?


なぜかはわからないけれども、日本のIPからhttp://www.amazon.com/へアクセスすると、以下の画像が出てamazon.comでの買い物を阻害される。

visit_amazon_jp_tcg.gif しかしなんでまたこんな画像を用意してまで認知させるんだろうか。
海外のプロキシを経由すると、この画像は表示されない。

そういえば最近のアマゾンはおかしいことだらけだ。
フラッシュ広告をリリースしたかと思えば、アソシエイト報酬料率を厳しくして、よりたくさん売らないとパーセンテージがアップしない仕様になり、一部のアソシエイターから反感を買った。
.comの方と.jpでは、販売個数によるパーセンテージアップに圧倒的差がある事実も見逃してはならない。
やってらんねーよ。という声を聞いてか知らないが、最近になってアドセンスのアマゾン版を急遽ベータリリースする経緯となっている。

しかしなんでまたベータを? 今までずっと正式版をきちんとリリースをしてきたのに、今回はなんでベータやねん。

アマゾンが焦っているのか迷走しているのか、推測しかねる。
もし、アマゾンが無くなったらアフィリエイターはどこへ向かうのだろう。
ちなみにhttp://www.amazon.co.uk/の方はというと、今日も問題なく表示されている。
posted by アフィリエイト塾 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトコラム・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21196047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。